備品管理クラウド操作マニュアル

  1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. 備品管理クラウド操作マニュアル
  4. SSOサービスと連携する
  5. Active Directoryと連携する

Active Directoryと連携する

全権管理者ユーザーは、備品管理クラウドからシングルサインオンを設定することができます。

  1. 備品管理クラウドにログインして「設定」をクリックします。備品管理クラウド_備品管理備品管理クラウド_設定
  2. 「外部連携」をクリックします。備品管理クラウド_設定_外部連携
  3. 「シングルオンサイン」のタブをクリックします。
  4. 「Active Directory」をクリックします。備品管理クラウド_ActivDiewctory
  5. 以下の情報を入力します。
    ・アプリケーション(クライアントID)
    ・アプリケーションパスワード
    ・SAMLメタデータXML
    ※Active Directoryのメニュー「シングルサインオン」≫「基本的なSAML構成」にて
    「識別子」と「応答URL」に下記のリンクを入れていただくことでSAMLメタデータXMLのダウンロードが可能になります。
    ■識別子:https://api.bihinkanri.cloud/prod/login/契約ID/sso
    ■応答URL:https://api.bihinkanri.cloud/prod/login/契約ID/acs

    ※上記リンク内の「契約ID」の部分には各アカウントの契約IDが入ります。
    備品管理クラウド_Active Directory_登録項目
    入力が完了したら「連携する」をクリックします。
  6. ユーザーのログイン方法を以下から選択します。
    ・「備品管理クラウドのユーザー登録とログインはシングルサインオンのみを利用する」
    ・「備品管理クラウドとシングルサインオンのユーザー登録とログインを併用する」備品管理クラウド_SSO_ユーザーログイン方法の選択
  7. 「連携をする」をクリックすると「シングルサインオンサービス側で設定する必要がある項目」が表示されます。表示された情報をコピーしてActive Directoryに登録します。

これで連携が完了しました。


連携が完了したら、備品管理クラウドの「設定」≫「ユーザー」から
「シングルサイオンユーザーの同期」をクリックしてユーザー情報を同期してください。
ユーザー情報が同期されたら、備品管理クラウドのユーザー権限を設定してください。

記事一覧

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ 1

お知らせください