1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. 備品管理クラウドスタートアップガイド
  4. スタートアップガイド
  5. 備品管理クラウドとは

備品管理クラウドとは

備品管理クラウドってなに?

備品管理クラウドは、めんどうで手間がかかる備品管理をぐっと楽にするクラウドサービスです。
備品(備品管理クラウドではアイテムとよびます)の登録をかんたんにし、同じような情報なのにバラバラに管理している情報をまとめることができます。
アイテムの貸出や棚卸も効率的に行えるので、これまで備品管理を担当していた人にかかっていた負担を減らします。

1. どうして備品管理がかんたんになるの?

備品管理クラウドの備品管理がかんたんになる理由

バーコードで商品登録

スマホアプリからバーコードを読み込むと、商品の詳細情報まで登録されるのでかんたんにはじめられます。

過去の管理票も役に立ちます

いままで管理していた備品管理のスプレッドシートを取り込むこともできます。

 

2. どんな情報を一緒に管理できるの?

同じような情報なのに管理がバラバラになりがちな、貸出管理票や固定資産管理票や棚卸台帳、そして修理履歴台帳も備品管理クラウド一緒にできます。

また、以下のような

・稟議書
・見積書
・納品書
・契約書
・請求書
・履歴書
・マニュアル

といった、アイテムに関連する書類もひもづけて一緒に管理ができるので、あとから情報を確認するのもかんたんです。

貸出管理

例えば、貸し出しを希望する人は、アイテムの詳細情報や写真を確認できるので、わざわざ総務部に確認をとる手間もなくなります。
好きなときに、借りたいものをしっかり選び申請できます。
返し忘れないよう期限前にはアラートメールも配信。行方不明なアイテムをなくします。車のような大きなアイテムも一緒に管理。

固定資産管理

税理士や会計士が固定資産の算出に必要な納品書・説明書・保証書をアイテムと一緒にアップロードできます。
固定資産管理ツールとの連携で、めんどうな税務処理もかんたんになります。

もちろん、償却期間や金額を決めたら、その情報も備品管理クラウドで管理できます。

棚卸

備品管理クラウドではアイテムを置いてある場所や部署、貸し出ししている人がわかるので棚卸がかんたんになります。
利用者や部署に棚卸をお願いして、アイテムの状態を確認してもらうこともできます。

 

この記事は役に立ちましたか? はい 1 いいえ 1